読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

煤で描かれた絵

Palais de Tokyoで見た作品である。第二次世界大戦中、パリがドイツ軍に占領されていた頃、地下部分が軍の物資を仕舞う倉庫として使われていた。その地下室にあるドーム型の天窓に、火を灯した蝋燭から出る煤で凄く美しいテクスチャーが描かれていた。

f:id:lulu_bataille:20170320162107j:plain

蔓を探す

南東の壁に蔓科の植物を這わせようか、と庭師さんが前回来られた時に言っておられた。私は時めいて、好きな「カラスウリ」や「葛」はどうですか、と訊ねた。しかしどちらもコントロールがなかなかきかないらしく、お勧め出来ないとのこと。庭師さんの考えているのは「マメヅタ」と「ヒメイタビ」だとおっしゃっていた。地味だけど壁を張っている様子を家から見ると、もわもわした印象になるのだそうである。

Givernyへ行った時に周辺を少し散歩した。細かな葉をつけた蔦(葡萄かもしれない)が地区200年以上経っている建物の壁を駆け巡っていた。

f:id:lulu_bataille:20170326152528j:plain

蔦は家を傷めるらしいので、この家には植えたくないけれど、蔓だったら大丈夫そうなので、お風呂の前の壁の下にも植えたいな、と思っている。

ゼリーポンチは食べられなかった

妹がセンターの人を引率して京都の交通博物館へ来ていた。

花見小路で昼食後、自由時間が一時間あると言うので会いに行って来た。天気が良いので自転車で向かった。喫茶ソワレで待ち合わせをしていたので、四条周辺で駐輪場にいくつか行ってみたのだが、何処も空きがなかった。妹に連絡して四条河原町で落ち合う事にした。

2人とも楽しみにしていた喫茶ソワレへ行ったら改装中でお休みだった。自転車を停めるところを探す時間がないため、店の前に自転車をそれとなく置く事ができるカフェバーのようなお店へ入った。80年代に流行った音楽が大きな音量で流れていた。

妹がご馳走してくれたコーヒーを飲み、近況報告だけして終わった。店を出て妹は待ち合わせ場所へと向かっていった。私は所用を済ませてから帰宅した。瑞麗さんたちは"Musical.ly"に投稿するビデオを撮っていた。何処へ行ってもビデオを撮っては投稿しているので、かなりの数になっているみたいである。彼女の年代では一番よく使われているSNSである。ロンドンとパリ、そして京都の友人と繋がっていて、フォロワーが100人強いるらしい。特にパリの友人とはメッセージ性の強いビデオをお互い投稿して意思の疎通を諮っている。殆どの人が今流行っている曲を使うため、そのビデオを瑞麗さんが見る度に何度も聞かされる事になる。そんなわけで街でそれらの曲が流れていると自然と口ずさんでしまう。

夕方、Sちゃんを学校まで自転車で送って行った。帰り道に瑞麗さんに学校での様子を訊いた。家庭訪問の時、担任の先生に算数の勉強が心配だ、と相談した。それを受けて、瑞麗さんと授業だけではまだ不安な他の子供達のために、居残り教室を始められた。瑞麗さんはそのおかげでかなり理解出来るようになってきた、と言っていた。今のところ、算数と漢字以外は授業について行っている、とのことなのでちょっと安心した。

 

半分

今日は下弦の月だそうである。良い天気なので月もよく見えるような気がする。

家と西隣は西陣織の店舗/工場となっていて、夕方6時以降は誰もいなくなる。壁の向こうは裏の庭から道路まで続く通路になっていて扉がついており、人がいない時は施錠されていて勝手に入る事は出来ない。その扉の裏に使用済みのマッチと燃え残った紙片が落ちていた、と隣の人が派出所に連絡を入れた。現場を検証された後、私のところにも警官の方が来られた。恐らくこの数日中に置かれたのだろう、という事で不審者は見なかったか、と尋ねられた。夜は遅くまでアトリエにいるけれど、そういう気配は感じなかった、と答えた。去年の秋にも近所で放火事件があり、その時の犯人は捕まったそうである。

この界隈のパトロールを強化します、とおっしゃっていた。

今日は瑞麗さんの友達のSちゃんが家へ泊まりに来る。明日の朝、瑞麗さんの日本舞踊の稽古が終わったら、自転車で何処かへピクニックに行くつもりにしている。2度目のバナナブレッドが自分でも驚くくらい上手く焼けた。気を良くしたので今から紅茶ケーキを焼く。

晴れの日は光が色々な角度から入って来る。今でも窓は別に要らないと思っているけれど、明かり取りはやっぱりあった方が良い、と思う。

f:id:lulu_bataille:20170519132355j:image

 

パリの空の写真

今日はパリの空の写真を見ていた。

京都では家に居るのが楽しいので、空を見にわざわざ外へ出る事はない。パリでは気持ちが外へ行っていたので、空をよく見上げていたせいもあり、空の写真を結構撮っていた。

それにしてもパリの空はどうしてあんなに綺麗なんだろう。京都の空も良いな、と思うのだけど、パリのは異常だと思う。色は洪水のようだし、その深みが半端ない。晴れの日でも曇りの日でも、吸い込まれて行きそうな錯覚に何度も陥っていた。

f:id:lulu_bataille:20170519012419j:image

f:id:lulu_bataille:20170519014953j:plain

f:id:lulu_bataille:20170519012629j:image

f:id:lulu_bataille:20170519014845j:image

f:id:lulu_bataille:20170519114207j:image

f:id:lulu_bataille:20170519114721j:plain

f:id:lulu_bataille:20170519114335j:image

f:id:lulu_bataille:20170519114426j:image

f:id:lulu_bataille:20170519114537j:image

f:id:lulu_bataille:20170519015203j:image

f:id:lulu_bataille:20170519015417j:image

ロマン主義やマンネリズムの絵画に出てくるような、ドラマティックな空を実際に見た時は衝撃を受けた。どういった条件下だとそのような光景が出来上がるのだろう。

 

Église Saint-Aignan de Chartres

ちょっぴり振り返っていた。

iPhoneに入っているChartresの旅の写真を見ていた。大好きな空間ベスト3に入る大聖堂はさて置き、その他の教会や旧市街の古い町並も凄く良かった。去年の11月に上げた記事と重複してしまうけれど、今回は写真を載せてみた。

2つの教会へ訪れた。最初に行ったのはÉglise Saint-Pierre de Chartresという教会で、高校が敷地内に併設されている。ここへ訪れた時にはまだ日曜日の典礼が行われている途中だった。物音を立てないように中へ入った。灯された蝋燭の匂いが充満している中、少しの間だけ座り典礼の様子を見学した。

キリスト像の前に置かれた2脚の椅子は、長く使われていたみたいで、足が擦り切れ随分低くなっていた。

 f:id:lulu_bataille:20170518001546j:image

Chartresで一番古いカトリック教会は中世からある旧市街の端に建っていた。典礼が終わった後に中に入らせてもらった。

諸所は手入れが必要そうだったが、そこに暮らす人々に愛されているのが感じられた。

 f:id:lulu_bataille:20170518001855j:image

f:id:lulu_bataille:20170518002022j:image

f:id:lulu_bataille:20170518002122j:plain

f:id:lulu_bataille:20170518002302j:image

f:id:lulu_bataille:20170518002507j:plain

 

気怠い日が続く

f:id:lulu_bataille:20170517120817j:image

昨日、瑞麗さんの学校の授業参観があった。午後3時に四条烏丸へ行く用事があったので、15分だけ見に行く約束をしていた。5時限目が始まった直後に教室へ入った。瑞麗さんは窓の近くに座っていた。なかなか父兄が立っている廊下側を見ないので、早くこちらを向いて欲しい一心でずっと彼女を凝視していた。10分位して漸くこちらを見て微笑んだのを見てから、そのまま学校を後にした。今朝学校へ行く前に立ち寄った瑞麗さんが「視線が刺さるようだった。」と言っていた。

なんとなく体が怠いし頭もぼんやりしている。動きたいのだけど、タスクをこなすだけで精一杯である。しいたけさんの占いによると5月はそういう月だから、らしいが、もうちょっと動けるようになりたい。

草引きだけはまめにしている。

額紫陽花が咲き始めた。ずいぶん増えたので嬉しい。

f:id:lulu_bataille:20170517120754j:image

もっと花が開いたら適当な花器を探して生けてみたい。

 

 

 

食べ尽くされる

龍玖は塾の前と後に家に立ち寄ってからもう一つの家へ戻る。彼と瑞麗さんの殆どの荷物はここに置いてあるからなのだが、おやつを食べるのも理由の一つである。あちらのおばあちゃまが用意する定番おやつは、ナッツやトースト、バナナ、チェダーチーズ、ヨーグルト、彼女が焼いたバナナブレッドである。オーブンがないらしく、お菓子を焼けないせいなのか分からないが、おやつは殆ど用意していない、と龍玖が言っていた。スーザンさんがおばあちゃまに託してくれた、沢山の美味しいクッキーやキャンディーは早いうちに食べて尽くしてしまったらしい。瑞麗さんは散々彼女の分も食べられてきた事を踏まえ、安全な場所に隠してあるお菓子を、少しずつ出しては食しているみたいである。

先週初め、家にストックしていたお菓子が無くなったので、バナナブレッドを焼こうと思い、いつも使うレシピを探したのだが見つからなかった。仕方ないのでネットで見つけた、有名なアメリカ人のコラムストのレシピを参考にして焼いたら全然美味しくないので捨ててしまった。唯一レシピなしでも出来るフィナンシェを焼いたが、あっと言う間に全部無くなっていた。本当に一瞬で食べてしまうんだ、と漸く私は彼がTeenageである事を実感したのだった。

明日は(今日は)時間があるので、何か簡単なお菓子を焼こうと思っている。

 

薔薇

カーネーションはあまり好きではないと言ったので、瑞麗さんは代わりにバラを3本くれた。生チョコレートと写真入りのフレーム付きである。龍玖は紙粘土で作ったフレームに、クラスメイト4人と撮ったフォーカスが合っていない写真を入れてくれた。写真が常に身の回りにあるのはあまり心地が良いものではないのだけど、今はアトリエに置いてある。

f:id:lulu_bataille:20170516103835j:image

In the dusk

眼科へ行った。物貰いではなく、アレルギーで瞼の裏側が炎症を起こしている、とのこと。絶えず涙が出ているので診察の間中、看護師さんに何度か涙を拭いて貰った。コンタクトレンズの上からでも使える、アレルギー反応を和らげる目薬を処方された。そして、アレルゲンを出来るだけ家の中に入れないようにしなさい、と言われた。

今晩は2回目の評議委員会があった。7月に行われるバザーについて、そして社会見学会について話し合った。文化委員会の4大イベントのうちの2つが7月に行われる。一番大きなイベントはコーラス交歓会である。学芸会でも歌う事になっている。この事を考えると憂鬱になる。

天気の良い日の夕暮れ時に、吹き抜けの2階部分にある窓を良く眺めている。以前も写真を撮ってここに載せた事がある。

 f:id:lulu_bataille:20170516020910j:image

James Turrellの作品みたいで好きである。

 

 

 

 

ものもらひ

右目に物貰いができた。瑞麗さんに眼帯を買ってきて貰い装着した。その様子を見ていた瑞麗さんが「ほもらちゃんみたいで、よく似合っている。」と言ってくれた。「ほもらちゃんが眼帯を着けているシーンは覚えがない。」と言うと、「でもなぜかほもらちゃんに似ている。」と言っていた。

f:id:lulu_bataille:20170515004921j:image

実際に眼帯を着けていたエピソードはなかったが、誰かが描いたイラストを見つけた。

Hちゃんのお父さんが経営している多目的ビルのスペースで、瑞麗さんの前の学校の友人家族のお別れ会が開催されているので、そこまで瑞麗さんを自転車で送って行った。眼帯を着けていない右目にはコンタクトレンズを入れていたのだけど、遠くが見えないのに加え、乱視が入っているので最初はちょっと見通しが悪くて困ったが、自転車を走らせているうちに慣れて来た。

瑞麗さんを送り届けてから、大宮通を北上して帰宅途中「さすらい祭り」の行列に遭遇した。急いでいたので、周り道をして帰宅した。家に到着すると、龍玖はちょうど前夫の家へ向かうところだった。所用を済ませてライターのMさんと待ち合わせをしている烏丸鞍馬口にあるインド料理店へ向かった。

数分遅れて店へ入った。MさんはHちゃんのお父さんのビルへAさんたちと立ち寄り、そこで前夫と瑞麗さんを見た、とおっしゃっていた。私もMさんもターリーを注文した。ずっと食べたかったのでかなり気分が高揚していた。ここはDosaもあるし、メニューも充実している。京都で一番好きなインド料理店である。色々お話しをして3時間位お店にいた。その後北大路通を西へ向かい、大宮通でお別れした。

 

石蕗の引っ越し

南西の角に固まっていたのだが、この間庭師さんが3分の1だけ南東の額紫陽花の横に移動させた。今のところ居心地は良さそうである。

f:id:lulu_bataille:20170513161008j:image

左横に見えているのは草蘇鉄(こごみ)である。去年までシダが植えられていたのだが、主張が強すぎて嫌だと、庭師さんに苦情を申し出た。それでシダを抜いてこごみを植えてくれたのである。こごみは柔らかで遠くから見るとモワモワした塊に見える。1年草なので冬には枯れてしまうのも良い。若いうちは食べられるので、来年の春に生えてきたら葉が開く前に少し摘んで天ぷらにしたいと思っている。

後5日で中間テストなので、龍玖は仕方なく勉強している。瑞麗さんは明日の母の日の支度の為、あちらの家へ行っている。明日の夕食時から2人は来週の金曜日まで向こうで過ごす事になっている。

今朝の庭

今日は午前5時半に目を覚ました。

庭に出て草引きをした。最近は雨が多いので苔の調子が良いのは嬉しいのだけど、雑草がすぐ生えてくるのが困る。

f:id:lulu_bataille:20170512090437j:image

もうすぐ額紫陽花が咲きそうな気配である。

 

 

占い

今日は良い天気である。

ライターのMさんから星占いのサイトを教えて貰った。

しいたけ先生と言われる占い師が、星座別で占いの内容を解説している。自分自身の現状を当てはめたらしっくりきてしまった。抽象的な文章だけど暖かくて励まされている。結構人気のある人らしい。