lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

最近戯れているもの

 龍玖がカナダに戻る数日前に「鬼滅の刃」のアニメーションを観始めた。

面白くて一気に観てしまった。

龍玖も少しずつカナダで観ているらしい。

このマンガが物凄く人気がある事に最近気がついた。

コミックブックを読むべきか悩んでいる。

 

サーモンの美味しさに気付き、家で調理する様になった。

と言っても、ホイル焼きや塩焼き位だけど、今朝、

オリーブオイルをよく使う人の料理番組の動画で

サーモンシチューの作り方を観た。

サーモンが手に入ったら作ってみようと思う。

 

お好み焼きの美味しさに漸く気がついた。

昨日ゲストに良いレストランはないか、と言われて

評判の良い店へ案内した。

お好み焼きに関してはとても保守的で、決まった店にしか行った事がない。

テーブル席が小さくて、カウンター席に座る事になった。

お陰でお好み焼き、焼きそばを焼いているところを見る事が出来た。

一通り見て食べてみたら凄く美味しかった。

家で焼く機会があったら真似をしてみようと思う。

 

終わりの会をする時、すみっコぐらしのキャラクターを良く描かされる。

毎回表彰台を描き、そこに頑張った子どもの名前を書くのだけど、

横に好きなキャラクターを描いて欲しいとリクエストをうける。

表彰台に座らせたり、飛び込み台を描いてそこにキャラクターを

載せたりして遊んでいる。

グッズは欲しいと思わないけれど、LINEでstickerを購入してしまった。

 

針金を使ってから、やっぱり線は面白い、と思い始めた。

また羅列が始まった。

 

風邪気味

昨日から風邪の予兆があった。

今朝は結構辛くて着替えたりするのは難しい為、着付け教室は休ませて貰った。 

月曜日は昼間に外出するけれど、後は家で作業をするつもりである。

f:id:lulu_bataille:20200224004647j:image

 

このままでいたくない。

変わっていけるのか分からない。

怖い。

初めての大阪ガイドをする

色々事情が変わり、大阪城公園で待ち合わせをした。

スターバックスでカフェラテをご馳走になった。

それからゆっくり歩きながら大阪城天守閣へ向かった。

塀のところにたどり着くと、息子さんたちが忍者の様に登り始めた。

f:id:lulu_bataille:20200224004401j:image

結構上の方まで行っていた。

暫しそこで遊んでからエレベーターへ向かい、5階まで上がった。

さらに階段で最上階の8階まで上がり、展望台で大阪を見渡した。

f:id:lulu_bataille:20200224004428j:image

周囲には高い建物がない為、見晴らしが良かった。

各階の展示を下へ降りる途中に見て行った。

外へ出て元来た道を戻り、梅林を通り抜けた。

微かに梅の甘い香りがしていた。

f:id:lulu_bataille:20200224004500j:image

そして大阪城公園駅へ行き、環状線に乗り新今宮で降りた。

息子さんたちがとても疲れていたので、お父さんがコーラを買い与えていた。

カフェインで元気になった下の男の子は沢山走り回っていた。

通天閣周辺を歩き、そしてジャンジャン横丁を通り抜けた。

途中射的を息子さんたちがして、囲碁将棋クラブを覗いて地下鉄の駅へ向かった。

f:id:lulu_bataille:20200224004521j:image

難波駅で奥さんのビジネスパートナーと合流した。

法善寺横丁にあるお好み焼き店で夕食をご一緒した。

f:id:lulu_bataille:20200224004540j:image

色々とご馳走になったので、美味しいチーズケーキを買いお土産にお渡しした。

空港近くのホテルに戻られるので、南海難波駅までお見送りしてお別れした。

 

と、ここまで書いてみて、凄く気負いしていた事に気がついた。

半日で大阪を出来るだけ知りたい、と言っておられたので張り切ってしまった。

忍者体験は大阪城の近くで受けたそうである。

息子さんたちがとてもお疲れで、クルージングの時間が取れなかったのが残念

だったけれど、楽しんでおられた様な気がする。

京都に比べて、やっぱり大阪は広いな、と思った。

大阪は自発的に楽しませようとしている街だから、なんとなく心が弾む。

プランを立てて、ガイドし易いのは断然京都である。奈良と大阪ガイドは

スペシャルイベントみたいな感じがする。

 

 

 

日曜日の予定

 昨日の昼頃、関西空港で乗り換えの為1泊するお客さんが、大阪半日ツアーを依頼しているが急で人がいないのでやって貰えないか、とテキストが来た。

半日の間にゲストの気が何度も変わり、夜中に午後3時スタートで大丈夫か、とテキストが入った。やりたい事リストに入っている忍者体験は午後3時が最終だから出来ないよ、と言ったら、それで大丈夫、と返事が来たので、ガイドを引き受ける事になった。

大阪城へ行き、忍者体験をして、道頓堀で美味しいものを食べたい、と言うリクエストだったので、ガイドしてみよう、と思い立った。9歳と12歳のお子さんがいる4人家族の依頼である。忍者の代わりに新世界とアメリカ村へお連れしようと思っている。

着付けレッスンも午前中に行けるので、パーフェクトなタイミングで事が運びそうで嬉しく思う。

 

隙間で暫し過ごす

コンピューターを和室とリビングルームの「隙間」に移した。

f:id:lulu_bataille:20200222173702j:image

 瑞麗さんとあまりゆっくりと話をしていないけれど、最近は落ち着いている様な気がする。

今日が学年末テストの最終日である。

今晩から踊りの会へ向けてお稽古に励まなければいけない様である。

 毎週金曜日はproject timeの時間を担当している。

最近、早い時間に男の子がやってくる。

クラスのプロジェクトなのだけど、ほぼ彼の単独の物になっている。

今日は実際に制作に入る。

昨晩ダイソーに行き道具を揃えた。

経費では落とせないだろう、と思い自分でも使えそうな物にした。

針金を久しぶりに使うのでちょっとワクワクしている。

設計図を午前中に作ろうと思う。

 

一つほぼクリアする

今日も早番である。

 

今朝朝ごはんを作りながら「子どもは裏切る存在なんだ。」と言う結論に行き着いた。

そうなるのが普通なんだと思う。

龍玖も瑞麗さんも良い方向へ裏切ってくれている。

沢山ある分岐点の一つを通り過ぎようとしている様な気がする。

完全ではないけれど、少し心が落ち着いた。

さくらやへ行く

Bさん一家はYちゃんが大きくなった以外はお変わりなかった。

東京から帰って来ていた瑞麗さんのお父さんと6人でさくらやへ行った。

3年連続この季節に来ているので、さくらやさんも覚えてくれている。

いろいろ頼んで食べた。

相変わらず美味しかった。

北海道から京都へ今日ついたばかりだそうで、北海道で買い求めたお土産を貰った。

美味しそうなたらこと鮭、たら、筋子セットである。

かなり嬉しい。

恒例の写真を撮ってからBさん一家はホテルへと戻って行った。

来年3人が来る頃には瑞麗さんはカナダ、彼女のお父さんは東京にいる。

私一人になってしまうけれど、それでも来てくれる?と訊ねたら、

もちろん、と答えてくれた。

楽しいひとときだった。

美味しいもの

最近はあまりこだわりを持たずに料理をする様になった。

と言っても、美味しくない料理を食べるのは嫌なので、

ちょっと見た目は変だけど味は良いかも、と言う路線にしている。

明日の夕食はサンフランシスコから来ている、Bさん一家と「さくらや」さんへ行く。

食事の後、家に立ち寄って貰いお話しをしようと思っている。

さくらやさんへ行くのは前回Bさん一家が来た時以来の様な気がする。

 

明日は遅番のはずだったのだけど、同僚が用事があるみたいなので、

早番になった。

朝web面接を受ける事になっていたので、急いでキャンセルした。

 

瑞麗さんが帰宅した。

朝思いきり喧嘩をしたので、帰って来ないかも、と考えていた。

さっき夕食のために作った鍋を食べている。

 

今月末に教室を止める男の子がいる。

同僚のスケジュールが上手くその子の来る日に

私が担当しない様になっている気がする。

先週、ほんの数分教室に入ったら、駆けつけてハグしてくれた。

繊細だけど、大人びたところがあり、とても優しい。

良く授業の片付けを手伝ってくれた。

バスの添乗をしている時、飼っている亀の話を聞いたり

夕食の献立の話をしていた。

彼が食事を作る事がある、と言っていた。

元気でいて欲しいと思う。

 

 

 

 

 

 

好きな場所が無くなっていく

三月書房が5月の連休明けに閉店する事をニュースで知った。

アナキストの著作を本棚で見つけられる本屋さん、と言う印象で観ていた。

妹は仕事関係の本を買い求めていた。

ルドルフ・シュタイナー生田耕作奥崎謙三、そしてグレゴリ青山の本が整然と並んでいるお店はなかなかないと思う。

寺町通へ行っても覗ける本屋さんが無くなってしまうのは寂しい。

今週末にでも行ってみよう。

Absolutely

今日は遅番である。

午後8時半頃帰宅する。

今日は空気が冷たい。

昨晩は起きたり眠ったりの繰り返しだった。

 

 

First light

抹茶フィナンシエを焼いた。

混ぜる順番を間違えたので、微妙な出来上がりだったが瑞麗さんはそれで良い、と言っていた。仲の良い友達がクラブ帰りに立ち寄り、玄関で食べて行ったらしい。

取り敢えず安堵した。

雨は止んだみたいである。

今日は遅番である。

f:id:lulu_bataille:20200214022502j:image

 

怖くて美しいもの

アトリエで物に囲まれながら作業をしていた。

Berlinde de Bruyckereの作品のポストカードが目に入った。

f:id:lulu_bataille:20200211171559j:plain


久しぶりに彼女の名前を検索し、最近の作品を見た。

Joseph Beuysの作品を彷彿させる作風だった。

それでいて、以前と同じく「汚穢と禁忌」を思い起こさせた。

今回の作品展ではブランケットを使用した作品が目についた。

Joceph Beuysはフェルトをよく使っていたので、それでその様な印象を

持ったのだと思う。

だけど、題材や作風は似ていても、表現しようとした事は違う。


Berlinde De Bruyckere Interview: Surfaces are Containers of the Souls

それらの作品の題材は、私には直視し難い事である。

そしてその作品を観て、後ろめたくも美しいと思ってしまう。

 

 

 

 

 

Neuhausのチョコレート

日本から撤退したNeuhausが4年ぶりに戻って来た。

高島屋へ行った時にロゴを見つけて歓喜した。

ここのチョコレートが好きな伯母に送った。

帰宅してから自分のために購入しなかった事を思い出した。

ベルギーチョコレートの中では一番好きなブランドである。

また日本で買えるのがとても嬉しい。

 

Ego ero illic

maujiさんのお店へおやつのケーキを買いに行って来た。

3分のつもりが1時間の滞在になった。

久しぶりに沢山お話しをした。

職場の状況を訊かれたので、直近に起こったことについて話した。

「戦うのよ、賢く。」と言われた。

だけど、同僚のこれまでの行動を話すと、

「時間を無駄にすべきでは無い。」

「そんな人だったら何もしないで離れた方が良い。」

とmaujiさんの体験談を交えてアドバイスしてくれた。

目が覚めた気分だった。

 

 

 

晴れ間が広がる

妹に庭を覆っている雪の写真をテキストで送った。

父母がその写真を観て

「良い庭だね。」

と言ってくれた。

私は何もしていないのだけど(文面通り)、誉めて貰えてとても嬉しい。

コロナウイルスの影響でツアーガイドの仕事の方は何もない。

龍安寺金閣寺に行くなら今が良い機会だと思われる。

 

瑞麗さんが午後1時から勉強をすると言ったのにしないので、wifiを切った。シャワーをしているとドアを開けて「繋げて。」と言ってきた。

拒否したらドアを全開にして、卑下した様な一瞥をして家の中へ戻って行った。

半年間は直ぐ経つと思う。