読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

学習発表会を見に行く

龍玖の通学バスが来る時間にお迎えが来る事になっていた。瑞麗さんの靴紐結びに時間がかかり、家を出たのは15分前だった。直線だが、歩くと25分くらいかかり間に合いそうにないので、ちょうど来た市バスに乗りこんだ。龍玖の学校のバスが来た時に、バスが停まったので間に合った。車ではパリ市内から25分くらいで学校へ到着するが、公共機関の乗り物を使うと90分かかる。バスに乗る事ができて安堵した。

通学バスは全部で4台ある。その4台が殆ど同時に学校の駐車場へ入った。バスから降りると夜はまだ明けきっておらず、霧がうっすらかかっていた。

f:id:lulu_bataille:20161016071623j:image

会場である講堂へ入り、空いている席を見つけて座った。

午前8時45分に開会式が始まった。引き続き小学2年生の劇があった。小学生は各学年30名以上いるので、かなりまとまったものになっていた。最初の幕間では生徒会役員の生徒たちが「スターライトパレード」を演奏し歌っていた。その後は寸劇や漫才、クイズをして盛り上げていた。

龍玖のいる中学部は3学年合同の創作劇だった。龍玖は劇には参加せず、キーボードを担当していた。皆さん熱演されていて面白かった。龍玖によると、各学年10名程度なので、年齢に関係なくみんな仲が良いそうである。

劇の最後に中学部全員で「RPG」を歌っていた。ロンドンの学校でも運動会のダンスで使われていたし、SEKAI NO OWARIは小・中学生に人気があるみたいである。

演奏している生徒の中に、マラカスを持った少年がいたのだが、彼の演奏体勢がキレキレだった。マラカスを上下1m、頭を60cm降っていた。演奏が終わる時もバッチリ決まっていた。周辺の子供達は普通に演奏していた。後で龍玖に訊ねたら、普段はクールな1年生の男の子らしい。ご父兄の方々も興味深そうに観賞していた。

閉会式が終わった後はてきぱきと片付けをこなし、ほぼ定刻に全員学校を出たのだった。

f:id:lulu_bataille:20161016071525j:image

瑞麗さんお得意のパノラマ写真である。