読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

瑞麗さん、一気に宿題が増える

瑞麗さんの帰宅が1時間遅くなった。それに加え宿題の量が格段に増えた。

フランスの学校は時間に厳しい。厳しく叱られたり、罰として授業時間中立たされたりするそうである。先週の金曜日、瑞麗さんは次のクラスの用意のために、自分のロッカーへ教科書を移し替えていた。休みが終わる知らせであるチャイムがなり、鍵をかけている暇が無くなったので、鍵をかけずに放っておいたらしい。授業が終わり、ロッカーへ行くと、化学の教科書が失くなっていた。3週間前、クラスメイトの女の子が、ロッカーに入れていた、大事なノートファイルを盗まれていた。

そして昨日、瑞麗さんが、化学の教科書をコピーさせて欲しい、と別のクラスメイトのMちゃんにお願いした。何も答えなかったので、瑞麗さんは聞こえなかったんだ、と思って、そのまま別の教室へ向かった。次の教室で再度お願いしたら、Mちゃんが「瑞麗のロッカーの足元に置いておいたよ。そう声かけたよ。」と答えたので、急いでロッカーへ向かったが、もう無かったらしい。

迎えに行った時に、瑞麗さんとMちゃんが困った顔をしていた。事情を聞き、瑞麗さんにもう一度探しに行かせ、オフィスにも伝えて置くように、と言った。

2週間前、瑞麗さんは私が去年のクリスマスにあげたマフラーを5分だけ美術教室に残して戻ったらも失くなっていた。これはオークションで購入した中古品だったけど、状態が良いのできっと戻らないよ、と、見つかる事を期待していた瑞麗さんに言っていたところだった。

マフラーやジャケットを盗むのは判るけれど、どうして他人には利用価値のないノートや教科書を盗むのだろう、と瑞麗さんに聞いたら、ただ人を困らせたいからやるんだ、と憤りながら答えていた。

これで自分の物の管理をしっかりしてくれればいい、と思うのだが、瑞麗さんは、焦るとパニックに陥るので難しいかもしれない。

 

帰宅し、瑞麗さんは少しの休憩の後、例の方に彼が図書館で借りてきた、英語の本を読まされていた。あまり集中していなかったので、何もせずに過ごしていた時間が長かった。その後、いつものようにビデオを撮る事も無く、宿題に取り掛かった。フランス語のクラス宿題は終えたが、OIBの宿題は結局終わらなかった。国語の宿題が出ていたからだった。今朝は早く起こして終わらせる事になっている。

私も認識が甘かったので、もっと宿題に時間を取らせるべきだった、と反省している。