読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

Musée National Eugène Delacroix ( the article has been revised )

 

ドラクロワ美術館へ行って来た。

f:id:lulu_bataille:20170212081717j:image

デカルト大学のすぐ近くにある。ルーブル美術館の別館という形態を取っている。ドラクロワが晩年を過ごした建物が、後年取り壊そうという意見が持ち上がった時に、当時の文化人たちが尽力し、国立美術館として残す事にしたそうである。

f:id:lulu_bataille:20170212081805j:image

 

展示されている作品はとても少なかった。随時取り替えているそうである。あまり見るものがないな、と思っていたら、係員の人が国籍を英語で訊ねてきた。日本人だと答えると、日本語で「ここでドラクロワは死にました。彼のアトリエがありますよ。見たかったらそこのドアを出て階段を降りてください。」と教えてくれた。

入ってすぐの空間に、親交が厚かったジョルジュ・サンド肖像画が展示されていた。アトリエの南側には大きな窓があり、自然光がたくさん入るようになっていた。

 f:id:lulu_bataille:20170212085518j:image

アトリエ内にも引き続きジョルジュ・サンドに関する資料の展示がされていた。ドラクロワショパンとも懇意にしていた時期があり、その頃にジョルジュ・サンドショパンが親密な関係になったらしい。二月革命の頃だから、革命の熱と相まって栄えた芸術の主流にいた人たちが集った場所なんだな、と思いながら見学した。

2012年に当時の庭園を忠実に再現した、と言われる庭園へ向かった。

f:id:lulu_bataille:20170213204401j:plain

冬なので、すっきりとした様子だったが、それでも蕾をつけているバラがあったりして、よく手入れされている様子が伺えた。ドラクロワはこの庭園に強い愛着を持っていたそうである。彼のロマン主義の王道をいく作品もいいと思うけれど、私は花の絵の方が好きである。

f:id:lulu_bataille:20170213204409j:plain

 

f:id:lulu_bataille:20170213204518j:image

 

f:id:lulu_bataille:20170213204530j:image