読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

Mさんと骨董市へ行く

Mさんは今日のフライトで京都へ戻られた。

パリでは基本的に一人で行動しているから、色々ご一緒出来て楽しかった。

 

日曜日の事です。

 f:id:lulu_bataille:20170216022959j:image

私が朝の待ち合わせの時間を決めたのに、思い切り寝過ごしてしまった。時間を遅らせてもらい、急いで支度をして龍玖に朝食と昼食を用意してからアパートメントを出た。トラムの駅で待ち合わせをしていたが、Mさんも同じバスに乗って来られていた。バスを降りたらちょうどトラムが出発するところだった。

下越を乗り継いで行くと1時間弱かかるのだが、バスとトラムを使うと30分足らずでヴァンヴに行く事が出来る。9時半頃には到着していた。何か私が手に取ると、Mさんがそれを買うべきかどうかの意見を言って来られた。彼女が話すとすごく説得力が強いので、肯定的な場合はこれは買うべきかもしれない、と思わされてしまう。そんな感じでいくつか小さいものを購入した。

普段瑞麗さんと行くと、大抵メインの通りだけ見て帰るのだが、今回はもっと奥の通りにも行ってみた。ある一角にある小さめの折りたたみ椅子が目に入った。フランスのものというより中東の雰囲気のある、質素でよく使いこまれているがどことなく品のある椅子だった。前夫のものが置いてある場所に、彼が引っ越した後のreplacementとして置きたくなったのでMさんに値段交渉をお願いした。ご夫婦でやっているみたいで、2人で値段の話をフランス語ではない言語でしていた。男性の方は自分はギリシャから来た、と行っていたが、アラビア語っぽい音だった。Mさんの交渉のおかげで、言い値より20ユーロ安くしてもらえたので嬉しかった。

その後、瑞麗さんといつも行くトルコ料理店で昼食を摂った。普段は2人で分ける料理を今回は初めて一人で食べたが(一人で一度食べてみたかった)やはり量が多かった。私がトイレを使っている間、Mさんはお店の人と話をしていた。彼らはクルド人だそうである。

f:id:lulu_bataille:20170216023050j:image

その後またトラムに乗って16区に戻り、Excelmensにあるカフェでお茶を頂いた。そこで初めて自分が読んだ本について話をした。

 

続きます。