読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

Belleville and Marais

先週の火曜日、Mさんと会った。

彼女が夏の恒例の仕事が終わった後、仕事仲間/友人と必ず行く北京ダックの美味しい店へ連れて行って貰った。新陳代謝の凄く良いMさんでも食べきれない、と言う料理を頼んだ。

f:id:lulu_bataille:20170220230321j:image

最初に出てきた、目玉である北京ダックは、皮の焼け具合も薄さも完璧だったし、包む皮は厚くなく丁度良い柔らかさだった。美味しさにうっとりしながら食べ終わった。次に身の部分と青菜料理、そして焼きそばが出てきた。身の量の多さに驚きながら食べ始めた。やっぱり全部食べることは出来なかった。残りは持ち帰りにして貰った。ウエィトをしてくれた男性は、Mさんの事を覚えていてとても愛想が良かった。隣に座っていたフランス人の男性2人はスプーンで食事をしていた。

レストランを出て、豆腐専門店と中華食品店を教えてくれた。

f:id:lulu_bataille:20170220232851j:image

豆腐専門店では揚げと豆腐干を、食品店では黒酢と辣椒、野菜を購入した。黒酢は日本で売っていないので、ここで買えて嬉しかった。その後、Maraisに向かって歩く事になった。2015年に起きた襲撃事件はその周辺で起きた。なぜそこだったのかという理由をMさんが教えてくれた。ちょっとした距離だったけれど、話をしながら歩いていたので苦にならなかった。

f:id:lulu_bataille:20170220233832j:plain

北マレーと言われる地域を通りかかった。この周辺は数十年前までは住宅街だった。マレー地区はどんどん広がっているそうである。

f:id:lulu_bataille:20170220233459j:plain

有名なマーケットに少しだけ入った。バルセロナにあるメルカドを数倍高そうにした雰囲気だった。平日の昼過ぎだったので開いている店は少なかった。

f:id:lulu_bataille:20170220233133j:image

Mさんが目印にしていると言う「ライオンの水飲み場」にやって来た。ライオンの表情がちょっと悲しそうだった。

f:id:lulu_bataille:20170220233156j:plain

 マレーは結構広い。

f:id:lulu_bataille:20170220233701j:plain

f:id:lulu_bataille:20170220233556j:plain

少しぐるぐる廻って目的地のティーサロンに到着した。午後2時過ぎという中途半端な時間だったけれど、お店は殆ど満席だった。丁度よく2席が空いていたので、案内された。Mさんにケーキを見に行くように、と促されたので見に行った。どれも大きくて甘そうだった。Mさんはベリーをたくさん使ったタルト、私はカラメルがついたタルトを頼んだ。ケーキは見た目通り甘くて、少し酸味が効いていた。

f:id:lulu_bataille:20170220233352j:image

私たちが店を出る頃には、席が空くのを待つ長い行列が出来ていた。

1番と9番のメトロに乗り帰途に着いた。Mさんは途中の駅で降りた。Mさんは多分野に顔が広いAさんがいなれば、知り合う事のなかった世界の人だけど、広い許容範囲の中に私も含まれていて良かった。色々な場所へ行ったり、お話しをしたり出来てとても楽しかった。