読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

What do you take me for ?

"Who do you think I am ?" 「私を誰だと思っているの?」と同じ意味である。

瑞麗さんが良く日本語で同じ様な事を言っている。さっき英語で言っているのを聞いたので、フランス語で使っているのか、と訊ねたらそうだ、と答えていた。私には縁のないフレーズで、そういう場面に出くわす事はこれからもないだろう、と思われる。

今朝は土曜参観へ行って来た。

朝、最寄りのバス停にやって来たスクールバスに乗り込んだ。夜明けをバスの中で迎えた。あまりにバスの座席が心地良いので、乗車時間がもっと長くてもいいな、と思ってしまう。

 f:id:lulu_bataille:20161127043001j:image

1限目の「英語落語」は思っていたよりもずっと面白かった。先生は予め日本語でクラス全員の出し物をプリントにしたものを参観者に配ってくれた。生徒達は全員前座名を付けていて、龍玖は「ベルマージュ堺亭」と名乗っていた。

昨日、小噺を先にする様に言っておいたのだが、本題に繋がる話をして上手く持っていたので感心した。笑点を見せたらかなり喜んでいたので、これを機会に、落語を聴かせて行こうかな、と思っている。

2時限目は国語だった。題材は「走れメロス」である。主にメロスの心情の変化を読み取り、発表していく、という授業だった。数日前、先生にこっぴどく叱られたそうで、授業の間、重々しい雰囲気が流れていた。 

3時限目には学級懇談会があった。トピックは受験だった。先生は大阪と愛知で教壇に立っておられたので、この二つのことはわかるけれど、後は個々で調べてもらうしかない、と言われた。都道府県によって、内申書の比重がかなり異なるそうである。

その後、体育館で全体集会があり、校長先生のお話を聞いた。そしてバスに乗り帰途に着いた。