lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

最近の夕食

奈良の伯母が家の片付けをしていた時、一人様の土鍋を2つ譲って貰った。

この2週間は一人鍋を作っている。

動画を見ながら食べるとリラックスも出来るので、頻繁に作るようになった。

次に瑞麗さんが帰って来たら、2つ作って一緒に食べよう、と楽しみにしている。

Children's Book Forest

龍玖はストリートファッションに疲れ始めているらしい。

もう少しきちんとした服を着れるようにしたい、とのこと。

ファッションのサイトばかり見ていた彼は今は建築に傾倒している。

brutalistと言われる建築スタイルが好きだそうである。

彼の通っている大学のキャンバスもそのスタイルである。

安藤忠雄のサイトを送ったら、こういう建築好き、と言っていた。

 

彼と話終えた後、laptopのブラウザに開いていた、安藤忠雄の設計した建築の写真を見ていた。

そのうちに中之島にある、こども本の森という施設について書かれた記事を見つけ、興味を持った。

図書館ではないので、本の貸し出しはないそうだけど、そこにある本を読んだり、持参した本を読むことが出来るらしい。こども達がゆっくり読書を楽しめるように、廊下や、階段の高さなどがこどもの体格に合わせて作られている。筒状になった壁中張り巡られた本棚に本が入っている。幼少時、夢見た、本に囲まれた空間がそのまま存在していることに感動した。

こどもの頃にこんな空間が近くにあれば、通い詰めていただろう。

kodomohonnomori.osaka

私の方は相変わらずものを無くそうと努力する日々である。

洋服を処分したら、次は本に取り掛かる。随分減ったけれど、まだ500冊以上残っている。

私には苦行である。

誰か手伝ってくれる人が欲しい。

神無月の始まり

今日はNuit Blancheの日である。

Yさんが出演された催事へ行って来た。

美しい音の調べと共に、Le Corbusierの建築の画像が網羅された短編映画を観た。

素敵な時間を過ごした。

 

昼間は妹と梅田で落ち合った。

グランフロントで昼食を摂った後、妹の第一の目的地で行った。

その後、第二の目的地に行った。

眠気が朝から抜けず、あくびばかりしていて、妹に申し訳なかった。

付き合わせたから、と言って、Soholm Cafeでお茶をご馳走になった。

デザートもコーヒーもとても美味しかった。

帰りの電車に乗り込んですぐ意識が遠のき、45分間眠った。

Yさんの演奏を聴いて帰って来てからずっと軽い興奮状態が続いている。

Vivian Maierのドキュメンタリーを見終えたら眠る努力をしよう。

 

portrait

Quaraでとても気になる写真家を見つけた。

Vivian Maierと言うアメリカ人の女性である。

その写真はネガフィルムのまま、現像されることもなくガレージに置かれていて、そのフィルムの山は市に差し押さえになった物品のセールで売られていたそうである。そのフィルムの一部を購入し、現像した人が、その写真のクオリティーに驚き、その写真の一部をネットで発表した。他のフィルムも集め始めているうちに評判となり、既に亡くなっている、無名の写真家のデビューとなったらしい。

公式ウェブサイトで彼女の写真を幾つか観た。街角に佇む人や蹲る人、不意に写真を撮られて不愉快な目線を投げかける人たち、街角にあるゴミ箱の中、ショーウィンドウなどが被写体になっている。それらの写真はDiane Arbusを思い起こさせた。

特に彼女のセルフポートレートが鮮烈な印象を残した。

http://www.vivianmaier.com/

 

ドキュメンタリー映画が制作されている。

http://www.vivianmaier.com/film-finding-vivian-maier/

 

彼女の生涯を彼女の写真と主に追っている。

とても興味深い。

Glass Bowl

亀岡にあるガラスのスタジオで、吹きガラスの体験クラスをやっている。

私と妹、瑞麗さんの3人で体験してきた。

母は暑いから、と言って見学していた。

2人はグラス、私はボウルを作った。

今朝、出来上がったボウルが届いた。

ネット予約の特典である、ガラスの箸置きが同封されていた。

f:id:lulu_bataille:20220923172623j:image

かなり歪んでいる。

アイスクリームを入れてみたい。

秋分の日

雨がよく降っている。

また台風が近づいている。

今回は太平洋側を通過していく、とのことだった。

今日は秋分の日である。

昼と夜の長さが同じだと言われているけれど、実際は昼の方が少し長いらしい。

 

先週末、久美浜にある和久傳の工場と美術館を4人で訪ねた。

至る所に彼岸花が柔らかな絨毯を引き詰めるように咲いていた。

母が「彼岸花とはよく言ったものね。お彼岸になると一斉に咲き始める。」

と言っていた。

父はこの赤い花がとても好きだったそうである。

子供の頃、彼岸花を摘もうとしたことがある。

「その花は摘んではいけない。」

と両親に注意された。

その名前の意味を知ってからは、私たちのために咲いている花ではないんだ、と思うようになった。

 

近所の喫茶店の軒先に白い彼岸花が植えられている。

今、花を開いているそうである。

この週末に立ち寄ってみようかと思う。

台風を迎える準備をする

午後12時前に帰宅した。

風が少しずつ強くなっている。

明日は外に出られるのか分からないので、飲料水を購入して来た。

 

瑞麗さんは元気そうだった。

学校は楽しいらしい。

暇な時間を見つけては、色々な場所にいる友達とテキストを送り合っていた。

私の母はあまりお話ししてくれない、と寂しがっていたけれど、非日本語の環境に長くいる16歳の女の子とは共通の話題を見つけるのは難しそうである。

瑞麗さんがパリで買って来てくれたエコバッグを使ってみた。

かなり気に入った。

f:id:lulu_bataille:20220919202932j:image

これとパラシュートからリサイクルしたバッグがあれば他は要らない。

 

 

帰宅してから龍玖とFacetimeで話をした。

友人3人との共同生活は上手く行っているみたいである。

今回はプログラミング言語と数学、小論文、テクニカルライティングの授業を取っているそうである。小論文のクラスは、教養課程で取るべきなのだけど、取り忘れている人が結構いるそうである。龍玖のグループには4回生の既にインターンとして大きな企業で働いている人や、3回生のエンジニア課程にいる人もいて、凄く頼もしい、と言っていた。

これから討論し合うためのトピックをそれぞれ考えて来る様に、と言う宿題が出て、龍玖が考えたトピックスを教えてくれた。とても興味深いものだった。

 

明日は仕事の日である。中級クラスを担当するので、授業のプランを作ろう。

 

update: 

午後5時きっかりに雨が降り始めた。

天気予報によると、私の住んでいる地域では台風の影響はあまりない様である。

近所にあるスーパーは午後5時に閉店した。

 

 

 

 

嵐の予感

前の職場からかなりの数の人が辞めていった。

原因は元同僚にあるのだけど、諸事情で彼女が辞めさせられることはない。

枚方にある直営校を買い取る話があり、そうなれば大きな人事異動があると聞かされた。

上司のおかげで私の職場は手堅くやっているのだけど、ここのメンバーも解体されると思われる。

私はまた異動するのだろうか。

今の職場が気に入っているので、そうなれば残念に思う。

重陽の節句、中秋の名月終わる

昨日は中秋の名月の日だった。

その前日は重陽節句だった。

今朝気がついた。

疲れていたので、覚えていたとしても何もしなかったと思う。

気がついていれば、お客さんにも教えて差し上げられたのに、と残念に思っている。

瑞麗さんが金曜日の夜帰ってくる。

家で眠るのは一晩だけだけど、アレルギーの症状が出ない様に掃除をした。

瑞麗さんが帰ってくるのがとても楽しみである。

 

 

How to wrap a headphone wire nicely

龍玖たちのおじい様は物凄く物事を上手く収める。

物品の収納に関しても凄い。

龍玖とFacetimeで話していた時、龍玖が借りていた彼のヘッドフォンを、元の巻き方に戻そうと苦心していた。ペーパー用のダブルクリップを使うそうである。

とってもカッコよかったので、私もやってみたがクリップを使ってでは上手くいかなかった。

でも色々試してみて、クリップなしで結構上手く巻ける様になった。

もちろんおじい様のクリップで巻くスタイルからインスパイアされている。

f:id:lulu_bataille:20220910201218j:image

洗濯機に入れてしまった、私のEar Pods Proの調子はあまり良くない。

修理に出そうと思っている。

 

 

Tour Guideをする

昨日の夜、急にガイドの仕事が入った。

ゲストの情報が全く来ないので、今朝5時頃に本社へ問合せをした。

本社からツアー開始2時間前に連絡が来た。

待ち合わせ場所と携帯の電話番号だけ教えてくれた。

いつもはツアーの内容を打ち合わせするのだけれど、勿論何も出来なかった。

待ち合わせ場所に着く前にテキストを送った。

返信で帽子を被ってカフェラテを飲んでいる、と教えてくれた。

京都は初めてだそうである。

大学の招きでゲストハウスに滞在している、とおっしゃっていた。

昨日の昼過ぎに到着してから、鴨川を南下し、円山公園にある近代美術館と石塀小路を歩いただけで、後はどこも知らない、どこでもいいのでおすすめの場所へ連れていって欲しい、とのことだった。

四条まで行き、八坂神社を抜けて、石塀小路を通り抜け清水寺へ向かった。

境内をゆっくりと周り、また八坂神社へ通り四条通を西へ向かった。

そして新京極通を上り、錦通りをゆっくり通り抜けた。

次に六角堂へ向かった。

この寺の由来を説明しながら白鳥を眺めた。

寺町二条を北上し、また御池通へ戻り、チェーンのコーヒーショップでカフェオーレをご馳走になった。

日本の伝統美術を観たい、とおっしゃったので、国立博物館へ行くことを薦めた。

三条京阪駅までお連れして、博物館への行き方とゲストハウスへの戻り方をお教えした。

今日はとても楽しかった、と言って貰えたので嬉しかった。

 

 

 

土曜日

今朝洗濯をした。

洗濯機から洗濯物を取り出す時、何か白い物が床に落ちた。

AirPods Proの片方だった。

顔面蒼白になった。

もう片方を洗濯物を裏返して探した。

洗濯機の下も覗いた。

でも見つからなかった。

洗濯機の中を見て、手で回転させたが洗濯槽の中にはなかった。

ドラム式洗濯機の入り口ん周りを覆っている、ゴム製のパッキンみたいなものの裏を指でなぞっていった。

パッキンの裏に設置されている、小さな排水溝に刺さっているのを見つけた。

水没したAirpodsをどうやって復活させるのか、ネットで調べた。

「何もするな。」と書かれていた。

数日放っておいて充電してみようと思う。

 

明日は午前9時から午後6時まで合同説明会がある。

先週は午後7時まで残業だった。

明日は3部で合わせて20人の子供達が来る。

休憩時間がまたあまり無さそうな気がする。

私はアシストのアシストなのが救いである。

 

15分前にゲリラ豪雨がやって来た。

洗濯物をダッシュで取り入れた。

外出しなくて良かった。

 

 

 

台風の行方と喫茶店の所在地

カナダ人の先生が今日から有給休暇を取っている。

南の島でウェディングの写真を撮るためだそうである。

今日は天気は悪くなかったようだけど、台風の影響で明日から連日雨みたいである。

明日はまだ天気が持ちそうなので、天気が崩れる前に、写真を撮っておられることを祈っている。

 

すぐ近所にある筈の喫茶店の場所が漸くはっきり分かった。

けいぶんしゃに置いてある、ポストカード等のデザインをしておられるイラストレーターの作品展を9月25日から10日間ほど開催するというポスティングを見た。

外観の写真を見たので、次は辿り着くことが出来そうである。

孟秋

消え去ったと思っていた蝉が鳴き始めた。

 

夜は軽やかなカネタタキの声が聞こえて、

秋が夏を取り込んで行くのが感じられる。

サマースクールも残すところ3日である。

明日から4日間、カナダ人の先生が休暇を取られる。

Yちゃんが秋に少しだけ帰国するらしい。

とても楽しみである。

今朝も心地よい気温である。

 

新校は鈴虫寺と西方寺のすぐ近くにある。

バスで向かって道中の景色が綺麗だった。

今週の日曜日にもう一度手伝うので、また楽しもうと思う。

 

今週半ばから台風の影響で悪天候になるかもしれないそうである。

 

 

 

Characteristics

今日は掃除や洗濯で一日中家にいた。

空調をつけなくても全く快適に過ごしていた。

蝉の声は聞こえなかった。

庭にいた分は死滅したみたいである。

 

玄関近くで仰向けになって天井を眺めていた。

f:id:lulu_bataille:20220828204530j:image

石目ガラスが収まったこの部分はこの家のキャラクターを定める重要な場所である。

 

激しくではないけれど、雨漏りの跡が見られる様になって来た。

家のあちこちの修繕をしよう。

大嫌いなソファーも捨ててしまおう。

コーヒーテーブルにしていた板も移動させよう。

後何年この家に住むのか分からないけれど、楽しんで暮らして行こうと思う。