lulu_batailleの日記

日々起こった事、思った事を記していきます。

日曜日

難波神社で年に4回行われる骨董市へ行った。

義弟がとても楽しみにしていたので、便乗させて貰った。

ガラスの瓶とカード立て、子どもの数遊びの玩具を購入した。

本町の辺りはあまり行く機会がない。

行きたい古本屋さんがあるのだけど、タイミングが合わず行かず仕舞いである。

https://www.instagram.com/colombo_cornershop/

 

昼食は予め決めていた、南船場にあるカフェで昼食をいただいた。

サラダバーには新鮮な野菜とフルーツ、シードやナッツ類が沢山置いてあった。

ソファー席や、ブース席、2階部分はロフトになっている。

家族でも気軽に来られるように工夫されていた。

https://www.kfw.co.jp/retail01.php

 

その後鶴橋へ行った。

キムチやお惣菜を購入した。

そして帰途についた。

 

変化するもの、維持するもの

正確には思い(想い)の詰まった物たちとのことである。

自分自身のflowを直視するのが苦しくて、どうしても出来ずに居た。

私のことをよく知っている妹夫婦が、大きな取っ掛かりを見つけ示してくれたので、漸く取り掛かる事が出来た。

まだまだ取り掛からなければいけない場所がある。

変化と維持の中をバランスを取り、沢山考えながら進んで行こう。

 

蜂蜜の味

雨が降り続けている。

今朝落ち葉拾いをした。

中型のポリ袋1杯の落ち葉を拾った。

 

何かのサイトで21日は蜂蜜を食べると良い、と書かれていた。

仕事から帰って来て、夕食を摂ってから漸くそのことを思い出した。

家にはマヌカハニーしか無かったので、デザート代わりに胚芽クッキーにつけて食べた。

父は蜂蜜が好きだった。

トーストにバターを塗り、蜂蜜をかけて食べていた。

ロンドンに暮らしていた時、お土産にマヌカハニーを購入して父にあげたことがあった。

「こんな濃厚な味の蜂蜜を食べたのは初めて。」

と言って、大事に1匙ずつ食べていた。それからもう一度父に頼まれて、インターネットでオーダーしたことがある。

3年前父が段々と弱って来ていた頃、マヌカハニーをまた食べたい、と言うので、オーストラリア(ニュージーランド産だけど)にある健康食品を取り扱う会社から取り寄せた。父は私たち兄妹の分も一緒に購入し、一つづつ分けてくれたのだった。

私は料理には蜂蜜の代わりにメープルシロップを使っている。風味は蜂蜜の方が上品だと思うのだけど、形状が変わり易いため、湯煎したりするのが億劫だからである。

なんでも面倒がっていてはいけない。

父を想いながら少しずつ食べていこうと思う。

 

 

雨が降りそうな朝

今日は夏至である。

瑞麗さんの誕生日は冬至なので、彼女にとって"a semi anniversary"の日となる。

一年で一番日が長い日ではあるけれど、今日は一日中雨が降るそうなのであまり実感出来ないかもしれない。

今朝は通常通り午前11時始業である。

秋にオープンする新校で勤めるスタッフの女性が教室に来ている。前の職場の先生の一人が病気で今週いっぱい休みなので、彼女がその間お手伝いに行くことになった。厳しい環境と言う話を上司から聞き、かなり不安そうにされていた。無茶なことをさせられないことを祈っている。

犬が欲しい

龍玖が彼の友人の犬たちと戯れている写真を良く送って来る。

みんなとても愛らしく、龍玖に身を委ねている。

龍玖自身もお金持ちになったら、秋田犬を飼うつもりらしい。

ネットで猫のエピソードを見ると、猫が欲しくなり、犬を見ると犬が欲しくなる。

一人暮らしなので、昼間放っておくのは可哀想だから、と留まっている。

将来私がもし誰かと暮らす事があるのなら、大きめの犬を是非是非飼いたい。

SPYxFAMILYのアニメーション版でも犬が漸く加わりそうな感じである。

ドラマ視聴と仕事

Blacklistの視聴を再開した。

やっぱり面白い。

登場人物の感情表現が複雑で興味深い。

主役の俳優さんが主演するLandmark的な映画を観てから20数年間経っている。その頃とのギャップが良い意味で激しくて、余計に興味を持ってしまう。

シリーズは今も続いている。

他のドラマの様に、救いがない所まで暗くならないことを祈っている。

 

昨日降り続けていた雨は夜が明ける前に止んだ。

洗濯機を新調したくて、カタログを最寄りの駅前にある店で貰って来た。

欲しい型は納品が8月上旬になる、と言われた。

やっと憧れのドラム式洗濯機が買える。

もう少し考えて決めようと思う。

 

来週の土曜日は髪を切りに行く。

日曜日は体験レッスンの日なので出勤である。

最近平日にトライアルがあり、新規入会が続いている。

夏休み明けには中級クラスを作ることになりそうである。

その準備も始めている。

今4年生の生徒が中学受験を希望していて、最低でも英検3級、もし2級を受験までに取得出来れば受験に有利になる、と言っている。

2週間前に受けた5級のテストでは合格していると思われる。受験のチャンスは後7回あるけれど、受験勉強も忙しくなるから、4級、3級、準2級、2級をクリアするのは難しそうな気がする。

去年の10月に始めた頃はアルファベットも知らなかったのに、その子は努力をしてここまで頑張ってきた。私も出来るだけ手伝いたいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

庭が綺麗になる

昼過ぎから、雨がほぼ天気予報通りに降り出した。

近畿地方の梅雨入りはいつ頃なんだろう。

f:id:lulu_bataille:20220612114543j:image

写真がちょっとドラマティックになってしまった。

今朝、庭師さんに来て貰った。

私は1時間足らずだがデッキの右側の草を引いた。

随分綺麗になった。

苔を生やすにはくれぐれも枯葉をどかせる様に、と言われた。

スナゴケなどふわふわ苔を生やす為、精進しようと決めた。

庭の現状維持、向上を目指そう。

 

散々なガイドをしてしまう

急遽受けたツアーのガイドをした。

ツアーのタイトルが「プライベートナイトツアー祇園から先斗町まで」だった。祇園先斗町界隈を歩き、バーで飲み物を2杯飲んで貰う、と言う内容である。

色々考えてプランをいくつか作った。

でも上手く行かなかった。

 

バーや酒場ばかりの場所は嫌いだと言われた。

京都は3度目なので、東山界隈はもう行き尽くした、とのことだった。

準備していたのは、ツアーの主旨に沿ったプランだったので困ってしあった。

一つ歯車が狂うとどんどんズレて行った。

4時間のツアーが3時間弱で終わった。

とぼとぼと家に戻った。

閑静な古い町並を求めておられたみたいだった。

いつもだったら、通常ならウェブサイトのゲストのページに、何を求めているのか、と言うことを詳細まで書くページがあるが、何でも、としか書いていなかった。

ガイド当日までに数回はメールのやり取りをしてゲストの要望を訊いてプランを作る。今回はブッキングがツアーの前日だったので、コミュニケーションが足らなかった、と反省している。

次があるかどうか分からないけれど、短い時間でも出来るだけ何を求めておられるのか、要望を聞き出そう、と思った。

 

6月最初の週末

龍玖がカナダへ戻って以来、家では何もする気力が無くなった。

お弁当作りと洗濯だけで精いっぱいである。

土曜日の朝、妹とFacetimeで話した。

家の片付けを手伝う、と言うオファーをくれた。

今月の終わりの週末と、7月の第2週目の週末に来てくれることになった。

とてもありがたいです。

 

日曜日の夕方から4時間のガイドの仕事が入った。

5日は空いている、と所属先に訊かれたので答えていた。

今朝目を覚ましてメールをチェックしたら、自動的に契約が成立していた。

ゲストの名前を調べたら、結構地位のある方みたいなので、かなり緊張して来ている。

粗相のない様に気をつけよう。

ツアーは祇園エリアと指定されている。

夜間特別拝観はどこもやっていないが残念である。

ローカルニュースで蛍が見られる場所があることを知ったので、行ってみる予定である。

今回も前回と引き続き、お酒を飲む場所へ行くことになっている。

ゲストの年代が大体分かっているので、ここなら大丈夫かな、と言うBarを2つ選んだ。

どちらへも行ったことがないので、お店に電話を入れて、カバーチャージの値段と

一見さんでも良いのか確認を取った。

これからこの仕事も増えて行くと思うので、お店や寺院の下調べを始めよう、と思っている。

奈良日帰り旅行

唐招提寺へ行った。

2度目の訪問である。

前回は秋だった。

やはり格式のあるお寺だな、と思いながら境内を廻った。

バスに乗り、伯母の住むマンションへ向かった。

午後2時過ぎに到着した。

母も着いたところだった。

伯母が用意してくれていた昼食を食べた。

そして京都駅で買って来た藤菜美のみたらし団子と、最寄りの駅で購入したカヌレを緑茶と共に頂いた。

時間があるので、東大寺へ龍玖と2人で向かった。

二月堂は既に閉まっていたので、大仏殿に直接向かった。

大仏殿が視界に入った瞬間、そのスケールに圧巻された。

何度も見ても毎回感動している。

東大寺周辺にいる鹿は、気が荒いと聞いているのだけど、今回はのんびりとしていた。

鹿せんべいをたくさん食べさせて貰っていたのかもしれない。

叔母の暮らすマンションへ戻った。

母と3人で部屋を出る時、エレベーター前まで見送ってくれた。

その後、近鉄奈良駅まで行き、中華料理店で夕食を摂った。

窓際のテーブルに案内されたので、夕日が見られて良かった。

駅で母とお別れをした。

母は始終ご機嫌だったので安堵した。

奈良の伯母とは、以前は一緒に阿修羅さんを見に行ったり、母と3人で待ち合わせをして食事をしたりした。

「奈良の伯母さんは、去年から急に歳を取った様な気がする、でも相変わらず頭の切れる人だね。」

と龍玖は言っていた。

私も2ヶ月に一回は会いに来るつもりである。

 

 

 

 

週末

龍玖は水曜日のフライトでカナダへ戻る。

次はいつになるか分からない、らしい。

来年の夏休みはインターンシップで忙しいから帰って来れない、とのこと。

とても寂しくなる。

 

毎朝お弁当を作っているのだけど、洗濯をしたり用事を済ませてからなので、時間が押してお弁当箱に詰める時間が無くなる時がある。そんな時は龍玖が起きて来てさっと入れてくれている。

それでかなり助かっている。

一人になったら、また残り物をただ詰めるだけのお弁当にまた戻りそうである。

 

夕食は路面電車とバスの乗り換え地点にあるカフェへ行った。

龍玖と駅で待ち合わせをしてお店へ向かった。

龍玖はレビューを読んだけれど、あまりレートが良くなかったこともあり、あまり乗り気でなさそうだった。レビューをあまり信じない方がいいよ、と話した。

お店は地下にある。

なんと表現したら良いか分からない雰囲気だった。

にも関わらず、結構落ち着いた。

夜の食事は飲み物付きの定食の一点のみだった。

15分近く待っていたら、食事が運ばれて来た。

野菜料理がたくさんあり、とても美味しそうなので、龍玖の顔も明るくなった。

いただきます、を言ってから食べ始めた。

どれも美味しかった。

なんとも掴みどころのない場所だったけれど、龍玖が帰ったら1人で行ってみようと思う。

 

今日は奈良へ行く。

予定では唐招提寺へ行ってから、伯母のところへ行く。母も来ることになっている。

そして夕食を摂ってから、帰宅する予定である。

 

庭が深緑化しつつある

庭が緑に覆われて来ている。

額紫陽花はかなり剪定を入れて貰ったので、今年はひっそりと咲いている。

葵たちはどんどんその数を増やしている。

他の植物たちも元気に育っている。

龍玖はGibsonsの高校時代の友人と会っている。

今晩は大阪のホテルに泊まる。

明日京都を案内したら帰って来る、と言っていた。

 

昨日は父の1周忌だった。

明日は実父の亡くなった日である。

今年もお参りに行けなかった。

せめて心の中で父を想おう。

 

Lake Biwa in the dusk

f:id:lulu_bataille:20220523092906j:image

f:id:lulu_bataille:20220523092949j:image

f:id:lulu_bataille:20220523093128j:image

f:id:lulu_bataille:20220523093039j:image

母はホテル内を散歩していた。

龍玖がカナダから持参したDroneを、妹夫婦と一緒に飛ばしている間、時折光を反射するガラス片を拾い集めていた。

そして4人で、夜に染まって行く静かな湖面を眺めた。